手軽にできる信用取引!

利確で活用すればお手軽&有益!

「信用取引」と言えばどうしても損失が出やすく、大変難しい株取引であるというイメージを持たれてしまいます。実際、無謀な取引を行えばそういった結果にも陥ってしまうこともありますが、ポイントを押さえれば、信用取引ほどお手軽で利益につなげやすい取引はありません。
例えば、本体株取引初心者にとって最大の難所と呼ばれる利益確定に関して、信用取引の空売りを利用すれば、株そのものを手放さずに擬似的に利確することが可能になります。つまり、「ここで売らずにまだ持っておけば良かった!」という後悔を無かったことにすることにできるのです。確かに若干利益の目減りは生じますが、それ以上に得られる利益は大きいので、ぜひとも活用しておきたい手法です。

最も簡単な信用取引の活用方法とは?

株取引である以上は、どうやっても損失が生じるリスクがあります。しかし、信用取引を用いることで、全く違ったアプローチから利益のみを得ることができる手法があります。
それは、株主優待権の無料取得です。優待が欲しい銘柄を権利落ち日以前に購入すると同時に、全く同じ銘柄を同じ株価で空売りすると、権利落ち日以降にどれだけ株価が変動しようとも損利は完全に相殺され、株主優待権のみが手元に残るといったものです。確かに取引手数料や信用取引の建玉保有日数により金利がかかってきますが、株価リスクを完全にゼロにして株主優待を得るこの手法は、最も手軽で初心者でも簡単に信用取引に親しむことができる有効なものだと言えるでしょう。