信用取引なら資産運用が捗ります!

決してリスキーなだけじゃない信用取引の資産運用

「信用取引」と聞くとどうしても、多大な損失と背中合わせの大変危険な取引であるという連想をしてしまいがちです。実際、理論上では信用取引の損失は際限がありませんが、しっかりとした理論と運用姿勢に即すれば決してそうした危険性は無く、むしろ資産運用の幅を大きくしてくれる非常に有用な株取引の手法だと言えます。
例えば、利益が出ている銘柄を買い増す際などに信用取引を活用すれば、即時的かつ大規模に株価の上昇にフォローしていくことが可能になります。信用取引でゼロから利益を生み出すのではなく、信用取引で得ている利益をさらに伸ばすというスタンスを心がけさえすれば、信用取引は決して巷で言われているような危険な取引ではないのです。

信用取引は利益確定で利用してこそ真価を放つ!

逆に信用取引を利益確定に利用するのも、非常に有用な信用取引の運用方法です。
一般的に利益確定は、株価が上昇する銘柄を見つけることよりも難しいと言われます。それは、株式市場の利益確定においては、私たちの行動や姿勢を鈍らせる様々な思惑が働いてしまうからです。結果、確定するポイントを誤って利益を伸ばすことができなかった、もしくは損失を出してしまったということになりかねません。
ここで信用取引の空売りを活用すれば、株価が上昇している銘柄を保有したままでも擬似的に利益確定をすることが可能になります。さらに株価が上がるようなら空売りを手仕舞いすれば良いですし、株価が下落した場合は現物株を手仕舞いして下落が落ち着いた時に空売り株を手仕舞いすれば、利益確定で失敗したという経験は大きく減らすことができるでしょう。